〒899-5213 鹿児島県姶良市加治木町朝日町111 TEL:0995-62-1010/FAX:0995-62-1011

お問い合わせ0995-62-1010

Mobile Site

院長

HOME> 院長

あいら 姶良 愛・eye・Life 患者様に目を生命を大事にして欲しい・・・ それを手助けする診療所にしていきたい・・・

ご挨拶

 

姶良みやもと眼科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

鹿児島でなにも実績もないまま、妻の地元で開業してあっという間に5年の月日が流れました。
診療実績も人間関係も一からのスタートでしたが、スタッフにも支えられ、周りの先生方や
皆様のおかげでこうして今日を迎えられています。

勤務医時代より、眼科は待ち時間が長い、またはそれを当たり前だと思っている
診療体制に疑問をもっておりました。もっとシステムを考えれば、効率を上げれば、
待ち時間を減らせるのではないかと、病院でできないのであれば自分が作ればいいと
思ったのが、開業の原点だったように思います。
電子カルテシステムや、スタッフの配置の工夫、また院内処方を採用することにより、
受付から会計までの時間を短縮し、そこで生まれた余裕を診療や接遇に回すよう
スタッフ一同心掛けております。かかりつけの患者様には、混んでいる時でも
待ち時間がそんなに変わらないと、ご評価をいただいております。

今では白内障手術だけではなく、網膜硝子体手術、眼瞼手術、硝子体注射、
眼瞼痙攣の治療にも取り組んでおり、毎週10例前後の症例を執刀させて
いただいております。対応できる症例の種類も数も年々増えており、
時折、鹿児島市内や県外、離島の方の手術もさせていただいております。
私のこだわりとして代診制度は採用せず、自分が対応できる症例においては
執刀はもちろん、術前説明、術後管理も私自身が責任をもってさせていただいています。
全身麻酔やどうしても対応できない症例に関しては希望の施設にご紹介させていただきます。
また、近年増えております、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、緑内障においても、
最新の検査機器を導入し、指導・治療を行っており、小児に関しても
当院は視能訓練士が常勤しており、斜視・弱視に対する診療も行っています。
もちろん眼鏡処方やコンタクトの販売も行っております。
来院の難しい方に関しましては近隣の病院や施設、自宅への往診も承っております。

今後とも姶良・霧島地区の地域医療に貢献できるよう、スタッフ一同頑張っていきますので、
皆様のご来院をお待ちしております。

平成27年6月 医療法人 愛里会 理事長 宮本純孝

 院長紹介

氏名 宮本純孝(みやもと すみたか)
専門分野:白内障・網膜硝子体・未熟児網膜症
日本眼科手術学会・日本眼炎症学会 会員
ボトックス認定医

資格・免許

日本眼科学会専門医
平成17年10月1日取得
厚生労働省認定臨床研修医指導医
平成21年1月11日取得

趣味・特技

  趣味 ゴルフ 愛犬(ひめとおとめ)とのひととき


  特技 剣道初段
      ゴルフにはまってまったく練習しなくなったピアノ
      中高ブラスバンド部だったので吹いていたサキソフォーン 
      高校最後のコンクールの九州大会が鹿児島でした。

 

学歴ならびに職歴

長崎県出身 長崎県立長崎北陽台高等学校 佐賀医科大学医学部医学科 卒業

平成12年5月
佐賀医科大学附属病院眼科入局
平成13年4月
日本赤十字社和歌山医療センター眼科研修医
平成14年4月
白十字会佐世保中央病院 眼科 医師
平成16年4月
社会保険大牟田天領病院 眼科 医師
平成18年4月
医療法人社団 高邦会 高木病院 眼科医長
平成19年1月
佐賀大学医学部附属病院眼科 助手
平成19年4月
日本赤十字社和歌山医療センター眼科部 医師
役職 病棟医長、手術場責任者、和歌山赤十字看護専門学校講師
平成22年1月
日本赤十字社和歌山医療センター眼科部を開業準備のため退職
平成22年5月
姶良みやもと眼科 開院
平成26年4月
医療法人 愛里会 設立 理事長就任

以上

 

日本赤十字社和歌山医療センター

眼科医常勤(8~12名)の京都大学の関連病院。平成20年度までは日本眼科学会専門医制度が認める基幹研修施設(鹿児島県では鹿児島大学のみ)に認定されていました。

施設の手術件数は平成19年 2743件、平成20年 3300件、平成21年 3156件におよび
全国の赤十字病院、京都大学の眼科関連病院の中でも最大規模です。

在職時の執刀数(平成19年4月~平成22年1月)

自身の手術執刀数(外来でのレーザー治療を除く)約1300件

白内障(水晶体再建術、眼内レンズ毛様溝縫着術)約1000件

※日帰り希望患者、近医よりの難症例、合併症発生症例の紹介患者、執刀医指名患者を主に担当

網膜硝子体手術(硝子体手術・網膜復位術)約230件
※網膜剥離、糖尿病網膜症、増殖性硝子体網膜症、硝子体出血、黄斑円孔、網膜前膜など

その他、緑内障(線維柱帯切除術)、硝子体注入術、NICUでの未熟児網膜症に対するレーザー治療など
自身の執刀のほかにも複数人の眼科研修医の白内障手術を指導
他術者の白内障手術中の後嚢破損、核落下に対する交代執刀、眼内レンズ非挿入眼に対する
眼内レンズ二次縫着、術後眼内炎に対する硝子体手術など、あらゆる白内障合併症に対する手術手技も習得

PageTop